安全への取り組み

当社では、輸送の安全に関する方針や輸送の安全に関する目標を年度毎に定め、輸送に関する統計、対策、教育など運輸安全に係る情報の公開をしております。

理想の安全マネジメントを求めて

物流の世界では、業務と安全が一体化することが究極の理想です。私たちは安全マネジメントをレベルアップし、労働災害や自動車事故の撲滅に社員一丸となって取組んでいます。例えば、情報共有化をはかるべく安全のためのミーティングを重視し、定期的(日・週・月)及び不定期に行う事故防止取り組みを強化しています。センターにおいては、安全性優良事業所認定の取得を推進。安全意識向上と各現場で求められる知識・技能のスキルアップをはかっています。
また、全車両にドライブレコーダーを装着。万が一の事故の原因解析や、事故防止対策、従業員安全教育へ活用しています。
さらにデジタルタコグラフを各車に搭載し、取得したデータを解析する運行管理システムを採用。動態進捗管理システムにより車両位置と荷室温度を的確に把握し、一層の安全・品質維持を推進しています。
安全教育や情報の共有、事故防止対策の様々な取り組みによって、お客様一人一人に「安心」も一緒にお届けしたいと思います。

日々の運輸安全マネジメント

NASVAを利用した運転手への安全に対する教育

自動車事故対策機構(NASVA)が運営する、インターネット回線を利用した運転適性診断システム「NASVAネット」を導入。
運転者の安全意識、動作や判断の正確性などを詳細に分析する事により、安全指導や安全意識の向上につなげています。

ドライブレコーダーの活用

ドライブレコーダーを活用し、ヒヤリハットを全営業所で共有し、運転者一人ひとりに教育指導しています。

デジタルタコグラフでの個別指導

運転日報データを営業所、ドライバー毎に集約して、社内のチェック基準に基づいて、「運転評価」「動態管理」を行うことで安全走行指導を徹底しております。

実車を利用した運転シミュレーション

運転シミュレーション

事故等を未然に防ぐため、安全運転の意識付けと慣れなどからくる、好ましくない習慣態度などを知って頂くことから、定期的にドライバー研修を開催しております。
運転に対する知識、技術熱意の向上とプロドライバーとしての意識・技能を指導しております。
社員自らが気付き、職場に安全を優先する風土が生まれるよう務めさせて頂きます。

死角講習

トラックは普通自動車と比べ沢山の死角と呼ばれる、見えない箇所があります。バックアイカメラで後方への死角は以前よりは減りましたが、死角による危険性を再認識させるべく実車にて実演指導。運転席左側には大きな死角が存在します。同様に危険性を再認識させるべく指導しております。

安全性評価事業への取り組み

Gマーク

荷主企業や一般消費者が、より安全性の高いトラック運送事業者を選びやすくするとともに、事業者全体の安全性向上に対する意識を高めるため、安全性評価事業が事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する制度があります。当社では、安全性優良事業に与えられる「Gマ-ク」、事業所ごとに認定を受けて安全性の向上をはかっております。

ページの先頭へ